ゲーム

今後が気になるスクエニ製対戦アクション「Nosgoth」

投稿日:2015年1月27日 更新日:

Nothgoth10

こんばんみ。

BFHやGTA5が発売されるまで何のゲームをやって生きていこうかネットの世界を彷徨い歩いている自分ですが、先日ちょっと面白そうなゲームをsteamで発見しました。


その名も「Nosgoth」。
Legacy of Kainと言うちょっと古い吸血鬼モノのゲームの世界観をモチーフにした作品だそうで、人間と吸血鬼に別れてチームデスマッチ的なルールで戦うオンライン対戦ゲームです。

このゲームの特徴は非対称形の対戦ゲームであること。
人間と吸血鬼ではできるアクションや攻撃の性質が全く異なるので、どちらの勢力に属しているかで戦い方を大きく変える必要があるわけです。
ただし、1ゲーム2ラウンド制で人間と吸血鬼を交代でプレイすることになるので、非対称形ですが公平です。

Nothgoth1

現在はまだオープンβテスト中ということで、まだ見ぬキャラクターやアイテムがいるのでしょうが、現時点では各勢力ごとに4種類のキャラクターが使えます。


人間サイド
人間側は飛び道具がメイン。
吸血鬼の行動を制限するアビリティが多い印象。

Nothgoth2
■Hunter
連射可能なボウガンで武装したキャラクター。
FPSで言うところのライフルマン的な感じでオーソドックスな感じです。
初期のアビリティではチェーンを投げつけて吸血鬼を短時間拘束したり、爆発する矢を連射できたりします。

Nothgoth3
■Alchemist
TF2のデモマン的な、弾がバウンドするグレネードランチャーのような武器が初期武器です。
広い場所だと避けられやすいが、閉所だと強そうです。
初期アビリティでは短時間目眩ましになるものや、横一直線に炎を放って接近してこようとする吸血鬼にダメージを与えられます。

Nothgoth4
■Scout
このキャラはプレイを重ねてランクを上げないと使えません。
発射間隔は遅いが一撃が強力な弓矢を使うスナイパー的なポジション。
アビリティでは指定した範囲に矢の雨を降らして継続してダメージを与えたり、足止めしたりできるようです。

Nothgoth5
■Prophet
このキャラもランクを上げないと使えません。
自分もこの記事を書いている時点ではアンロックしていないんですが、スゴい気になる。
Prophetと言う名前で術者っぽい風貌ですが、普通に二丁拳銃を使います。
他の人のプレイを見てるだけだとアビリティがわかりづらいのですが、近距離向けのキャラっぽいですね。


吸血鬼サイド
吸血鬼側は近接攻撃がメイン。
攻撃用のアビリティの他、共通して身を守るタイプのアビリティも備えている。

Nothgoth6
■Reaver
足が速くてサクサク動き回れるキャラです。
通常攻撃を貯めると飛び掛かって一気に距離を詰められ、スペシャル攻撃ではL4Dのハンターのように人間を組み伏せて持続的にダメージを与えられます。

Nothgoth7
■Tyrant
やや鈍足な吸血鬼。
スペシャル攻撃の突進で進路上の敵をまとめてノックバックすることができたり、アビリティでは衝撃波を放って周囲の敵をまとめて怯ませることができるなど、アタッカーに見えてチームの重要なサポート役。
チームの攻撃に起点になる。

Nothgoth8
■Sentinel
このキャラはランクを上げないとアンロックできない。
飛行能力を持っており、スペシャル攻撃では人間を連れ去ることができる。
集団行動が重要なゲームなので、人間を集団から引き離すことで吸血鬼側が有利に戦いやすくなる。

Nothgoth9
■Deceiver
このキャラもランクを上げないとアンロックできない。
人間に変身したり、透明になって追手をまいたりできる模様。
TF2で言うところのスパイ的な存在。


人間と吸血鬼では武器やアビリティに違いがありますが、最大の違いが行動できる範囲の差です。

Nothgoth14

吸血鬼は壁をよじ登ったり飛行したりあらゆる場所を移動することができます。
一方人間は徒歩で通れる場所しか移動できないので、屋根の上や壁の向こう側から奇襲を仕掛けてくる吸血鬼に常に備えている必要があるわけです。

つまり戦闘のタイミングやゲームの流れをコントロールできるのは吸血鬼側なのです。

また、もう一つ大きな違いとして体力の回復方法があります。

Nothgoth19

人間はマップ内にある上の画像のような祭壇(?)から体力と武器の弾を補充することができます。
祭壇はマップ内に数箇所存在しますが、補充中を狙われる可能性も当然あるので仲間のフォローしあって行う必要があります。
ちなみに祭壇からは何回でも補充できます。

Nothgoth15

吸血鬼側は倒した人間の血を吸って体力を回復できます。
死体は好きな場所に引きずって移動できるので安全な場所で回復できますが、1つの死体からは1回しか吸血できないので、複数の吸血鬼が手負いの場合でも死体が1つしかなければ1人しか回復できません。
ただし吸血鬼は時間の経過でじわじわ体力が回復します。


ゲームシステムに関してはこんな感じでした。

Nothgoth18

現時点ではゲームのルールは「New Recruit」「Team Deathmatch」「Flashpoint」の3つ。
フラッシュポイントはまだ未プレイなので自分は詳しくわかっていないのですが、「New Recruit」「Team Deathmatch」に関してはマッチングするプレイヤーのランクの違いだけのようです。

大体の流れは以下のような感じ。

Nothgoth10

人間が先攻のチームだった場合は、まず1ラウンド目は人間として吸血鬼と戦います。

Nothgoth11

移動の自由度が低い人間側は味方と集まって攻撃に備える必要があります。

Nothgoth12

ワチャワチャ戦って1ラウンド目が終了。
上の画像だとこの時点で自分のチームは20ポイント、相手チームは23ポイントで我々が負けていますが、吸血鬼側のほうがキルを取りやすいのでまだ次のラウンドで逆転のチャンスはあります。

Nothgoth13

2ラウンド目は吸血鬼として戦います。
逆転すべく積極的に攻めてキルを得ましょう。

Nothgoth16

2ラウンド目が終了。
1ラウンド目では負けていましたが、2ラウンド目でスコアが上回ったので我々の勝利です。

チームによって人間のほうが得意、吸血鬼のほうが得意など相性もあると思います。
いかに連携して得点を得ていくかが勝利のカギですね。


このNosgothは基本プレイ無料なので、面白いオンライン対戦を求めている人がとりあえず試してみるのに最適かと。

正式サービス開始がいつになるのか、どんな要素が追加されるのかまだわかりませんがお試しあれです。

-ゲーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

簡易水冷式中央演算処理装置冷却器を買ってきました。

PCの排熱で毎日ホットなマイルームの問題を解消するべく、近所のビックカメラで低価格な簡易水冷タイプのCPUクーラーを買ってきました。

Team Fortress 2の後釜?「LOADOUT」

こんばんみ。 最近steamのトップに表示されている「LOADOUT」ですが、基本無料みたいなので試しに遊んでみよう、ということで試してみたのですがなかなか面白そうです。

PC向けbeatmaniaIIDX用のアケコン制作プロジェクトが始動?

こんばんみ。 今月初旬にサービス開始したbeatmainIIDXのPC版「beatmaniaIIDX INFINITAS」ですが、どうやらこのゲームに対応するアーケードスタイルコントローラ(以下アケコ …

no image

音ゲーの宝物殿「WGS(World Game Circus)」が期間限定で復活!

こんばんみ。 数年前からオープンと一時閉店を繰り返している神出鬼没な音ゲーの宝物殿「WGS(World Game Circus)」が東京都北区の駒込駅近くに本日再オープンしました! 本日オープンです。 …

買ってはいけないPCゲーム「Metro:Last Light」

こんばんみ。 本日が最終日のsteamサマーセールですが、またハズレくじを引いてしまいました…。 前回のセールではCall of Duty:World at Warを購入したものの正常に起動せずかなり …

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO