DTM

iPad用ビートメイキングアプリiMPCに新バージョン「iMPC Pro2」が登場!

投稿日:

こんばんみ。

iPad向けのビートメイキングアプリのiMPCシリーズに、最新バージョン「iMPC Pro2」が登場しました。


iMPCは名前の通り、AKAI Professionalのサンプラー「MPC」をiPadのアプリで再現したもの。
元々入っている音源はもちろん、マイクで録った音やiTunesからインポートした音楽をチョップして取り込み、タッチパネルに表示されるパッドを叩いて演奏することができます。
最初のiMPCが出たのが恐らく5年くらい前だったでしょうか。当時第4世代のiPadを持っていたので、そのリリースに喜んで即買いした記憶があります。

その後さらに機能を拡充した「iMPC Pro」が登場。
より細かな調節が可能なミキサーやエフェクターが内蔵されたり、ピアノロールのような画面でRECした演奏を後から細かく編集することもできるようになりました。

そして今回登場した「iMPC Pro2」の機能は以下の通り。

機能と特徴:
オーディオトラック:
・内蔵マイク、外部マイク、オーディアインターフェイス、楽器などから録音が可能
・Inter App Audioアプリから録音可能
・トラックとクリップをワープしてテンポ合わせが可能
・オーディオクリップの複数のクイック編集機能(ピッチシフト、タイムストレッチ、増幅、トリミング、分割、コピー)にアクセス可能
・オーディオクリップをドラッグしてアレンジ、調節可能なグリッドに分割
・高度な波形編集
AudioUnit統合機能:
・フルキーボードサポートのAudio Unit微調整モード(半音階、ブルース、イオリアなど24の音階モードを含む)
・100%新規サウンドセットと5種類の無料追加サウンドパック
・Spotifyによるサンプルサウンド
・EQと4種のサウンドFX(リバーブ、ディレイ、コーラス/フランジ、Inter App Audio Effect)を搭載した64トラックミキサー
・直観的な操作のマルチタッチ編集、トリミング、試聴、結合、サンプル処理ができるChop-shop
・トラック表示では曲を構成する全てのトラックを確認可能
・アタック、ベロシティ、長さ、チューニングを設定できる16レベルのモードでサウンドのバリエーションを手軽に作成
・ライブシーケンスキューでリアルタイムの演奏や再生にも対応
・タイミング補正:1/8 ・1/32T、スイング調節可能
・1/8 ・1/32Tのタイミング(ラッチ機能あり)が可能なMPCノートリピート
・IAAおよび Ableton Linkをサポート
・ビートやサウンドをシームレスにYoutubeでシェア
・4つのミュートグループとカスタムデザインのエンベロープフィルターを全てのパッドで利用可能
・AudioCopyとAudioPasteをサポート
・iMPC ProパックとAudioCopy Content Storeから取得した他のサウンドパックの統合機能を改良
・エキスパートMIDIサポート(拡張オプション、複数マップなど様々な機能を含む)
・取り消し/やり直しの機能を拡張
・ソングアレンジのワークフローが新しくなり、統合されたソングモードとあわせて曲作りが今までになく簡単に
・フォルダやサウンドパックの全体を直接パッドにドラッグして多くのサウンドを一度にロード可能

とのこと。

大きな機能追加としてはAudio Unitへの対応でしょうか。
以前からInter App Audioアプリの音を録ることはできましたが、iMPCで録音開始して別のアプリに切り替えて演奏してまたiMPCに戻って〜…のように行ったり来たりする手間があったので、このアプリからコントロールして演奏することができるのは便利かもしれませんね。

また、ソングモードの編集画面がAbleton Liveで言うところのアレンジメントビュー的な表示になり、このアプリ単体で1曲完成させようという目的でも使いやすくなっていそうです。

あと個人的に気になったのが「Spotifyによるサンプルサウンド」。
さすがにSpotifyで聴ける曲をなんでもサンプリングして使っていいってことではないよね?Spotifyがサンプルしていいとする一部の曲を使えるということでしょうか?ちょっと謎です。


旧バージョンのiMPCやiMPC Proは一時期結構遊んでいましたが、最近長らく触っていませんでした。
サンプリングしてチョップしてサウンドを再構築するのは非常に面白いのですが、旧バージョンは元ネタにする音源を入れるのが結構面倒でした。
基本的にマイクで録るかiTunesから取り込むかAudioCopyで取り込むかInter App Audioアプリから録るか…って感じなので、PCなどに入っている音源をサクッと移せないんですよね。
iCloudに対応してくれればFilesを使っていろいろできそうなんですが、iMPC Pro2ではそのへんどうなっているんでしょうね?
買おうかどうか迷うところです。

というか新規リリースじゃなくて旧iMPC Proを持ってる人は無料とかにしてくれれば良かったのになぁ。

-DTM

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

音源モジュールの銘器の再来「Sound Canvas for iOS」

こんばんみ。 ガジェット関連のブログや情報サイトで取り上げられていますが、Rolandよりかつて音源モジュールの名シリーズとして名を馳せていた「Sound Canvas」のiOSアプリ版「Sound …

Native Instrumentsの新しいギター音源、「Electric Sunburst」が良さそう。

こんばんみ。 先日、Native Instrumentsが新しいギター音源「Electric Sunburst」をリリースしました。

KORGの名機M1を再現したiPad用アプリ「iM1」販売スタート!

こんばんみ。 先日App StoreにてKORGの新しいアプリ「iM1」の販売が開始しました。

iPad用のmidiインターフェイス「Wej」が便利そう。

こんばんみ。 iPadでDTMをやっている人がちょっと便利になるかもしれないアイテムを見つけました。

NI Maschine用の新エクスパンション「LUCID MISSION」

こんばんみ。 先日Native InstrumentsのMaschine用の新しいエクスパンション「LUCID MISSION」が発売されました。 今回はトランシーなEDMサウンドだそうで。 デモトラ …

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO