DTM

Native InstrumentsのMaschineに新モデル「Maschine MK3」が登場。

投稿日:

こんばんみ。

先日Native InstrumentsがMaschineの最新モデルを発表しました。


Native Instrumentsのプロダクトページはこちら

ドイツのDTMソフト・ハードメーカーNative Instrumentsの「Maschine」は2009年に発売された、作曲・パフォーマンス向けのワークステーションのようなもの。
16個のパッドが付いておりAKAIのMPCに似ていますが、パソコンと繋いで専用ソフトを操作するためのコントローラーとして使うものです。

初代Maschine登場後、機能を減らし小型化&低価格化した「Maschine Mikro」、パッドの色を自由に変えられたり液晶が見やすくなった「Maschine MK2」「Maschine Mikro MK2」、ボタンが増えてフルカラーディスプレイが搭載された「Maschine Studio」、パターンの操作やフェーダーの操作、ステップシーケンサーとして使える「Maschine Jam」など、ここ8年の間に様々な関連アイテムがリリースされてきました。

今回の製品は、初代Maschineから正統進化を重ねた「Maschine MK3」。
初代からMK2の時は、パッドの発光カラーが選べるようになったり、パッドの感触が良くなったり、液晶が暗いところでも見やすくなったり…と言った細かなブラッシュアップに留まり、曲作りをする上での使い勝手に大きな変化はほぼありませんでした。
しかしMK2からMK3へのバージョンアップではかなり大きな改良が加えられており、是が非でも買い替えたくなる完成度になっています。

まず目に飛び込んでくるのが大きなフルカラーディスプレイ。
旧モデルは画面が小さく、色もモノクロで簡素な表示でしたが、MK3ではStudioに搭載されているディスプレイに近いものに変更されておりかなり見やすくなっているようです。
エクスパンションなどを選択する際はイメージアートもカラーで表示されるので視覚的にわかりやすいですね。

また、パッドの大きさが拡大された他、感度も向上しているそうで今まで以上に表現豊かな演奏が可能に。
パッド以外にも周囲の操作ボタンもより使いやすいように見直されており、左側の大きなロータリーエンコーダーは回すだけでなく上下左右に倒す操作も可能。ディスプレイ下の8つのノブはタッチすることでコンテキストメニューを表示できるように。
パッドの上でに追加されたボタンでは、パッドをキーボードモード・コードモード・ステップシーケンサーモードに素早く切り替えることができるそうです。

さらに大きな機能追加として、Maschine MK3自体がオーディオインターフェイスとして使えるように。
旧モデルでは良い音でモニタリングしたり、サンプリングするためには別にオーディオインターフェイスを接続する必要がありましたが、MK3にはヘッドフォン端子・ラインアウト・マイク端子・ラインインが用意されており、これ1台でまかなえるようになっています。
もちろん旧モデルのmidi in・outも引き続き搭載しています。

ここにピックアップした以外にも様々な機能が追加されておりますが、お値段は72,800円。
たしか初代のMaschineが出た時と同じ価格だったような気がします。(うろ覚えだけど)
上位モデルのMaschine Studioがやや値崩れ気味で7万前後になっているので、どちらを買うか悩みどころですね。


実は以前Maschine Mikroを持っていたのですが、ボタンが少なかったりでサクサク操作がしづらく知り合いに譲ってしまいました。
まぁ今回Mikroの後継機が出なかったあたり、やはりそういうことだったのかもしれません。

MK3の紹介の動画を見ているとかなり使いやすそうに進化していて、非常に物欲を刺激されます。
写真と音楽、両方趣味にすると結構出費が痛いんですが…やっぱり欲しいなぁ。

-DTM

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

iPad用ビートメイキングアプリiMPCに新バージョン「iMPC Pro2」が登場!

こんばんみ。 iPad向けのビートメイキングアプリのiMPCシリーズに、最新バージョン「iMPC Pro2」が登場しました。

Ableton Liveの新しいPack「Dub Machine」

こんばんみ。 気がついたらAbleton LiveのPackに新しいコンテンツが追加されていました。 中でも気になったのがこれ↓ Max for Liveのデバイスで「Dub Machine」なるアナ …

Native Instrumentsから新しいギター音源「Strummed Acoustic」が登場。

こんばんみ。 先日、あのNative Instruments(以下NI)から新しくアコースティックギター音源「Session Guitar ― Strummed Acoustic」がリリースされました …

NI Maschine用の新エクスパンション「LUCID MISSION」

こんばんみ。 先日Native InstrumentsのMaschine用の新しいエクスパンション「LUCID MISSION」が発売されました。 今回はトランシーなEDMサウンドだそうで。 デモトラ …

今年のブラックフライデーはWavesのTrueVerbが無料で貰える!

こんばんみ。 先日今年もWavesではBlack Fridayに何かプレゼントがあるらしいよ、と記事を書きましたが、今年はなんとみんな大好き「TrueVerb」のプレゼントでした。

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO