PC カメラ・撮影機材

Adobe デジタルフォト&デザインセミナー 2014に行ってきた。

投稿日:2014年7月5日 更新日:

Adobephoto

こんばんみ。
久しぶりの更新です。

先日、参加応募していましたAdobeの「デジタルフォト&デザインセミナー 2014」ですが、当選していたようで無事に参加することができました!
と、いうことで、今回はそれ関連の話題です。


この「デジタルフォト&デザインセミナー」は自体は毎年行われているイベントなのですが、初めて知った昨年は残念ながら仕事と被っていたので参加できませんでした…。
今回のイベントは東京会場(定員900名)と大阪会場(定員600名)の2つの会場が用意されており、自分は東京会場(渋谷ヒカリエ)に参加してきました。

以前、楽器店でバイトしていた時には渋谷に毎日通っていたのですが、駅の東側ってあんまり行く機会がなかったので渋谷ヒカリエに入ったのは初めて。
ショッピングモールだけじゃなくて劇場やらビジネス向けのホールやら展覧会みたいなこともやっていてなかなかハイソ(死語?)なところですね。

イベントの会場はヒカリエ9階の「ヒカリエホール」にて行われました。
途中の階まではきれいなショッピングモールって感じですが、8階からは美術展とかやっててかなりハイソ(死語)な雰囲気。自分みたいなボンビーが入っていっていいのかな?って感じですねw

イベント会場では協賛企業のPRが行われていて見ものでした。
EIZOのカラーマネージメントモニターの実機やDMM.makeの3Dプリントサービスで制作したものが実際に見れるのは良かったですね。
自分の持ってるモニターってLGとかなので色がまちまちなんですよねー。写真の勉強するならカラーマネージメントモニターのほうがいいのかなぁ?

イベント開始時間の12時45分頃からは挨拶の後、実際に講師の方による講座が行われました。

以下は各講座の簡単なレポです。
USTREAMのバックナンバー(?)を貼っておくので、会場に来れなかった方はぜひ見てみてください。

写真の基本はレンズにあり!キヤノンEFレンズの使いこなし
最初の講座は凸版印刷のチーフフォトグラファー 南雲さんによる良いレンズとはなんぞやというお話。
長年Canonの作例などの撮影を行ってきた南雲さんが、自身が撮影した写真を使ってレンズによる性質の違いなどを説明。

Photoshop 色調補正ゼミナール
フリーランスのフォトグラファーの御園生さんによる色調補正の講座。
マスクを多用した細かな色調補正のやり方を実際に操作しながら解説されていました。すぐに真似出来そうな実践的な話が多くておもしろいですね。
なぜか話し方がとっても先生っぽい方です。セミナーとか多くやってる方なんでしょうか?

広告ビジュアルのためのレタッチテクニック
ライジンのデザイナー 吉川さん/山田さんによる広告ビジュアルの作り方的な講座です。
吉川さんはダンヒルがサッカー日本代表に提供したオフィシャルスーツ「勝負服」の広告ビジュアルを講座の中で組み立てていく作業を披露。

これですね

Syoubuhuku
FASHION PRESS – サッカー日本代表 2013年公式スーツをダンヒルが発売

選手たちは個別に撮影した写真を組み合わせて集合写真のように編集されており、背景も関西国際空港で撮った素材を元にいろいろ弄って使っているんだそう。ものスゴイ手間がかかっているんですね。

山田さんは3DCGソフトとPhotoshopを使った広告ビジュアル制作を見せてくれました。
山田さんの講座は時間が押していたのと、3DCGソフトでの制作風景が見れなかったのでちょっとインパクトが寂しかったかも…?
まぁモデリングの作業などはAdobeのソフトの範囲外なので仕方がないですね。

途中でマシンがクラッシュするトラブルがありましたが、ダンヒルの広告ビジュアルの制作作業は今回のイベントの中で一番目を引くものがありますね…。
プロの人ってあんなサクサク作業できちゃうんだなぁ…という。
ちなみに日本代表の著作権の都合があるらしく、USTREAMやニコ生による配信は中断されていました。会場に来れなかった方は残念。

進化し続ける Photoshop の秘法
最後はAdobeのマーケティング本部 栃谷さんによる「Lightroom 5」や「Photoshop CC 2014」の新機能の解説や宣伝でした。
前々から気になっていたLightroom Mobileとの同期機能を実際に見れたのはありがたいです。
先日のAdobeの各種アプリケーションのアップデートに合わせて、iPad向けのアプリや周辺機器も発表されているので、やっぱりiPadが欲しくなりますね〜。
DTM関連のアプリも数万円分購入してたし、今更ながらiPadを売ったことを後悔してたり…。

Photoshopでの3Dに関する扱いも、今まで触ったことがなかったので解説を聞いてちょっと弄ってみたくなりますね。
一応3Dプリントにも対応してるとのことですが、Photoshopではテクスチャに色を塗ったり質感を変えられるだけみたいなので、結局のところモデリングには別のソフトが必要みたい。


すぐには真似できなさそうなテクニックが多かったですが、こんなことができるのか!と思うと学ぶ意欲が増したような…?気がします。

終了後は講座やイベントに対するアンケートを提出するとAdobeオリジナルのリングノートが貰えました!みんなに自慢しちゃおう♪
リングノート以外にも、Creative Cloudのアプリケーションのアイコン風シールや、おしゃれ(?)デザインの紙袋に入った協賛メーカーのカタログなどいろいろお土産が用意してありましたw

Adobepre

他にも最後まで残っていた参加者限定で豪華な商品が当たる抽選があったので応募しておきましたが、さすがに当たらないかな…?
いやでも応募者の分母は900人以下だからもしかすると…ってことも?
iPad mini当たったら嬉しいなぁー。

来年もできれば参加!と言いたいところですが、仕事があったらダメかも…。
ではでは。

-PC, カメラ・撮影機材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Leica Qを購入した話。

こんばんみ ライカのフルサイズコンデジ「Leica Q」を購入しました。

Adobeが「Adobe Ink & Slide」のモニターを募集中!※ただし…

こんばんみ。 Adobeは今月の22日から、今年発売予定の新製品「Adobe Ink & Slide」のモニターを5名募集しています。 「Creative Cloud Blog by Sho …

中判フィルムカメラ「Hasselblad 503CXi」を購入しました。

こんばんみ。 ついに憧れのハッセルブラッドVシステムに手を出しました。

常用レンズに沈胴と言う選択。α7+Industar-22 50mm F3.5

こんばんみ。 先日Amazonで注文していたLマウント→Eマウントのマウントアダプターが届いたので、買ったばかりの沈胴レンズ「Industar-22 50mm F3.5」を実際に試してみました。

CP+ 2018に行ってきました。

こんばんみ。 今年もパシフィコ横浜で行われる「CP+ 2018」に行ってきました。

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO