ゲーム

「Star Wars バトルフロント」ベータテストの感想

投稿日:

こんばんみ。

先日行われた「Star Wars バトルフロント」のオープンベータテストは予定より1日延期された(?)10月13日に終了されましたね。

今回の記事はその感想とちょっとしたレポになります。


ゲームモード

今回のベータで公開されたのはトレイラームービーにもなっている「ウォーカーアサルト」と「ドロップゾーン」の2つのルールで、マップはルールごとで固定となっていました。

【ウォーカーアサルト】
反乱軍が防衛側、帝国軍が侵攻側となる非対称ルール。
帝国軍側は自動で前進する2機のAT-ATを守り、最終地点にあるジェネレーターまで到達させるのが目的。AT-ATは通常時は強固な装甲に守られており攻撃を受け付けないが、繰り返しY-ウイングの攻撃を受けると一定時間ショートしているかのようなエフェクトが出て小火器でもダメージを受けるようになる。
反乱軍側はY-ウイングを要請するためにマップ内に2箇所あるアンテナ基地を守りつつ戦う。

それぞれやることとしては

・反乱軍
アンテナ基地を制圧してY-ウイングが呼ばれるまで一定時間守る→一定回数Y-ウイングを呼び出すとAT-ATにダメージが通るようになるので総攻撃する→AT-ATのシールドが復活したら再びアンテナ基地を制圧してY-ウイングを呼ぶ

・帝国軍
Y-ウイングを呼ばれないようにアンテナ基地を守る→守りきれずY-ウイングにAT-ATのシールドを剥がされてしまったら、AT-ATを狙っている敵を倒しできるだけ守る→AT-ATのシールドが復活したら再びアンテナ基地を守る

といった感じ。

マップ内には「ピックアップ」と呼ばれるアイテムが落ちており、使い切りの強力な武器や乗り物、一定時間ジェダイやシスが使える「ヒーローピックアップ」などうまく使えば戦局を有利に運ぶことができる(かも)。
ちなみに帝国側はピックアップを使ってAT-ATに乗ると笑っちゃうぐらいにキルを獲得できた。

ベータ開始直後はAT-ATを破壊するための手順を理解していない人が多かったせいか、AT-ATがHP満タンに近い状態で最終地点まで到着してしまうことが多かったが、日が経つにつれ反乱軍の勝率が上がってきた感じ。

ただ、弱い味方とマッチングしてしまうと本当に完封されてしまうので途中で滅入るかも…(笑)
リスポーン場所が前線に近く、裏取り・リスキルされることもしばしば。
特に反乱軍の最終地点のリスポが最悪で、AT-ATから射線の通る場所に産み落とされることも多々ある。当然復活した瞬間に極太ビームが飛んできて死ぬ。

【ドロップゾーン】
マップ内のどこかに落ちてくるエスケープポッドの獲得をめぐるルール。
ゲームがはじまるとまずどこかにひとつ目のポッドが落ちてくる。近づいてアクションボタン長押しするとアクティベートできるので、その後はゲージがいっぱいになってポッドを獲得できるまで敵にアクティベートされないように守る必要がある。
ポッドをどちらかのチームが獲得するとまた次のポッドが落ちてくるので以降それを繰り返すことになる。
乗り物類やヒーローは一切登場せず、マップも狭く障害物が多いのでプレイヤー同士のガチンコ勝負が好きな人はオススメのルール。

乗り物やヒーローがいないのでスターウォーズ感が薄いが個人的には熱くなれるルールで良かったです。

ベータで遊べたマップは障害物が多く入り組んでいますが、逆に言えば敵に釘付けにされにくいのでプレイヤースキルがあればいくらでも状況を打開できる。
チームに積極的にポッドに絡まないプレイヤーが多いと当然敵に得点されてしまいますが、ボロボロにキルされてイライラすることはありませんね。

装備など

トレイラームービーを見る限りいろいろな種族を選べるようですが、ベータでは残念ながら種族は選べませんでした。

メイン武器は反乱軍用のライフルと帝国軍用のライフル、取り回しの良いピストル型のブラスターと軽機関銃型の計4種類。
最初はそれぞれの軍のライフルしか選べませんが、試合後に獲得できるお金で購入することで選べるようになります。
両軍のライフルはスコープがついており、遠距離の撃ち合いでも使いやすい印象。ピストルは試せなかったのでわかりませんが、軽機関銃タイプのものは連射が早くオーバーヒートまで長めなので近距離での連戦には強いですが、連射すると弾が散るので遠距離ではライフルに劣ります。

メイン武器の他にサブ武器もありますが、このへんに関してはちょっと装備のシステムが謎でした。
サブ武器のスロットは3つあり、まだサブ武器を個別に購入していないプレイヤーはランダムで3つのサブ武器を使えます。
個別に購入すれば自分で組み合わせて装備できるのですが、なぜか2スロットしか装備できませんでした。製品版ではランクアップやアイテムの購入などで3スロット使えるようになるんでしょうか…?

ちなみにサブ武器にはグレネードや乗り物や特効があるイオングレネード、近接センサーの地雷、1発撃つとリチャージに時間がかかるスナイパーライフル、一定時間ブラスターの攻撃から守ってくれるパーソナルシールド、ジェットパックなどがあります。おそらく製品版ではもっと増えるのでしょう。増えて欲しい。


雑感としてはこんな感じでしょうか。
最近はLOVAをメインにプレイしていてFPSに飢えていたので面白かったです。特にドロップゾーン。
遅れがなければ来月17日発売ということで、あと1ヶ月…
待ち遠しい…

-ゲーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

また思わぬところで…

つい先日Irrational Gamesの事業縮小に関する記事を書いたばかりだというのに、また思わぬところでBioshockの話題と出くわしてしまいました。

Nosgothの攻略サイトを作ろうか考え中。

こんばんみ。 最近ハマりつつあるオンラインゲーム「Nosgoth」ですが、国内にちゃんとした攻略サイトがないので自分で作ってみようかな?なんて考え始めました。 ここ数年の攻略サイトのトレンドと言えばや …

国産MOBA「LORD of VERMILION ARENA」のオープンβスタート!

こんばんみ。 先日6月4日から国産MOBAの最新作「LORD of VERMILION ARENA」のオープンβが公開されました。

steamで「アニメウィークエンドセール」開催中!

こんばんみ。 今週末はsteamで待望(?)の「アニメウィーケンドセール」が開催中です。

4人同時プレイ可能のスマホ向けMMO「隔絶神域オンライン」サービス開始。

こんばんみ。 昨日から、4人同時プレイを目玉としたスマホ向けMMORPG「隔絶神域オンライン」のAndroid版がサービス開始しました。

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO