PC ゲーム

今の季節にピッタリなクソゲー「Chrismas Shopper Simulator」を試してみる

投稿日:2014年12月13日 更新日:

Xmas s2

こんばんみ。
前回の記事に続いて、今回もヘンなゲームのお話です…。

※一応季節ネタです


イギリスのゲームショップ「GAME」が今流行りの(?)シミュレーターゲームを公開しました。

ゲーム自体は「GAME」の通販サイトより無料でダウンロードできます。
通販サイトだから会員登録などが必要なのかな?と思いきや、ページ右側の「Free Download for Windows」か「Also Free for Mac」をクリックすれば対応するOS向けのインストーラーがすぐさまダウンロードできました。

インストーラーには余計なソフトが入ってしまうような細工はされていないので、ちゃちゃちゃっとインストールできます。

ここからはどんな感じでプレイできるのか簡単に解説しましょう。

Xmas s1

まずインストールしたゲームを起動するとランチャーが立ち上がります。
シミュレーター系のゲームはグラフィックオプションがゲーム起動前に出てくることが多いけど何でだろう?

Xmas s2

ゲームを起動するとこんな画面が。
あちらさんの国では「クリスマスショッパー」って言う熟語があるの?w
意味はわかるけど、「クリスマスショッパー」って言ったらわかるだろ?という感じのネーミングセンスが少し笑えます。

Xmas s3

Xmas s4

ロード画面では簡単な操作方法の説明が表示されます。
プレイ前にザッと目を通すと良いでしょう。
(まぁ説明されなくてもPCゲームやってる人だったら迷うような操作システムではありませんが…)

Xmas s5

こちらはメニュー画面。
ゲームを進めると、獲得した実績が左に表示されます。

Xmas s6

先ほどのメニュー画面でPLAYを選ぶとキャラクターを男女好きなほうから選べます。
ちなみに詳細なキャラメイクなどはなく…

Xmas s7

男女ともに目がキマってます。

Xmas s8

ゲームを始めると、モール内の公衆電話からミッションを受けることができます。

Xmas s9

ミッションを受けると矢印が出るので、それに従ってアイテムを買い物してきたりするわけですね。


さて、ではゲーム内でどんなことができるのでしょうか?

Xmas s17

そのへんにある商品やアイテムは左クリックで掴むことができます。

Xmas s11

アイテムを持った状態でもう一度左クリックするとアイテムを投げます。
投げたアイテムが人にぶつかると、哀れな犠牲者はぐんにゃりと地面に…。

Xmas s16

地面に倒れている人は左クリックで紐をつけて引きずることができます。
Goat Simulaterの丸パクリじゃん…。

Xmas s18

ちなみにカートは押せるのかな?と思ったら、なぜか人間と同じように紐で引きずりました…。
クリスマスショッパーのゲームならそのへんの再現も頑張れよと…。

Xmas s13

右クリックではアクロバットなキックを繰り出します。
でもなぜか人間に当たりません。
うん、あまりに酷い。

Xmas s14

「Q」キーでRagdoll。
ラグドールと言うのは、FPSなどで倒されたキャラクターがアニメーションではなく、物理演算でぐんにゃりと崩れ落ちる機能をラグドール物理と呼ぶのでそれのことでしょう。
つまり倒されてもいないのに、勝手に倒れる為のボタンです。

もう一度「Q」キーでラグドール状態から復帰…

Xmas s15

できるんですが、地面に埋まってしまいました…。
うん、あまりに酷い。

しかも、なぜか空中にいる扱いらしく、よくわからない実績が解除されてしまいました。

Xmas s21

最初のロード画面の操作説明にもありましたが、黄色いマークが付いた台車は左クリックで掴んで押したり引いたりできます。

Xmas s22

うまく台車を動かして足場を作れば、ジャンプでは登れない場所にも登ることができます。

アクションに関してはこんな感じでしょうか?


以下はモール内で見かける光景の一部をお送りしましょう。

Xmas s12

それにしてもこのゲーム、AIの挙動のクオリティが本当に酷い。
iMacらしきモノを持った女性が何もないところで勝手に転倒…。
なんで裸のiMacを持っているのかは謎です。

Xmas s20

こっちの人は地面に転がっているテレビの箱に躓いて転倒。
ある意味さっきの人より現実的な転倒理由ですが、テレビの箱に足が触れた瞬間全身の力が抜けたようにぐんにゃりするので奇妙な光景です。

Xmas s19

ここだけなぜか無重力のテナント。
箱などに接触するとふわ〜っとどこかに飛んでいきます。

Xmas s10

主人公のすぐ後ろに壁があるとカメラがめり込んでしまう現象…最近のゲームではあんまり見なくなりましたよね。
顔が透けてしまうだけじゃなく、なぜかボウズになってしまうあたりもハイセンスと言えます。


どうでしょう?プレイしてみたくなりましたか?

まぁ実況動画のネタなどには良いのではないでしょうか…?

ちなみに自分はこの記事を書いた後、そのままアンインストールしました。

-PC, ゲーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PCゲーム史に残る名作の続編「Hotline Miami 2:Wrong Number」予約スタート。

こんばんみ。 前々から製作中と言われていたPCゲームの名作の続編「Hotline Miami 2」ですが、遂にsteamにページが用意され予約可能な状態になりました。

Divisionの自キャラがようやくレベル30に…

こんばんみ。 発売日に買ったものの時間がなくてなかなか進んでいなかったPCゲームの「Division」ですが、ようやくレベル30に到達しました…。

Surface Pro 4開封の儀!

こんばんみ。 昨日ついに、待望のSurface Pro 4を購入してきました! というわけで今回の記事はガジェ民の三大義務のひとつ、開 封 の 儀 で す !

Battle Field Hardlineのオープンβが遂にスタート!

こんばんみ。 遂に待ちに待ったBFHのオープンβがスタートしましたね! 仕事から帰ってくると同時にPCを立ち上げてダウンロードをはじめておいたので、準備は万端です…! ブログなんて書いてる場合じゃない …

Irrational Gamesの事業縮小

先日2月18日にBioshockの開発元「Irrational Games」のWEbサイト内で共同創業者でありクリエイターのKen Levine氏がIrrational Gamesの今後の事業縮小につ …

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO