ゲーム

iOS向け本格MOBA「Vainglory」のススメ。

投稿日:

Vg11

こんばんみ。

久しぶりにiOS向けのゲームで熱くなれそうなタイトルを見つけたのでちょっとご紹介します。


今回のオススメはApp Storeでもトップで紹介されていたりする「Vainglory」です。

Vg01

日本ではPCゲーマーしか馴染みがないかもしれませんが、「MOBA」と呼ばれるジャンルの対人戦主体のRPGのようなゲームです。
MOBAの中では「DotA」や「League of Legends」などが有名ドコロですね。

RTSっぽい印象ですがちょっと違って、自分が操作できるのは「ヒーロー」などと呼ばれる自身のキャラクターのみ。
試合がはじまるとヒーローは全員レベル1の状態ではじまるので、アリーナ内にいる敵や中立勢力を倒して自身を強化し、最終的に味方のMOB「ミニオン」と共に敵陣に攻め込んで拠点を破壊するのが目的です。
誰しも自分のレベルアップに時間を割きたいでしょうが、その間に敵ヒーローもせっせとレベルを上げているかもしれないし、味方拠点へと進攻しているかもしれない。
また、敵ヒーローとタイマンで戦う時なども選んだヒーローの種類で向き不向きもあるので、味方ヒーローとの役割分担が非常に重要な対人ゲームです。

ゲーム自体は昨年発表されていたのですが、今年の4月に晴れて日本向けにもローカライズされて公開、ということみたいです。


以下はスクリーンショットを交えて少し紹介していきます。

Vg02

上はタイトル画面。
かなり気合の入ったコンテンツが用意されていて、ニュースやアカデミーの項目からはヒーローの設定も動画や詳細なチュートリアルが見ることができます。

Vg03

上は「プレイ」項目のメニュー画面。
パブリックマッチの他に、これから始める人が練習できるチュートリアルやソロプレイの練習モードが用意されているのはありがたいです。
ちなみに練習モードではまだ手に入れていないヒーローも試せるので、次にアンロックするヒーローを選ぶときにもかなり有用です。

Vg04

ヒーローは「マーケット」から購入可能です。
現時点ではヒーローは全14種類で、プレイ無料のヒーローは時によって変化するようです。
一つのヒーローをずっと使いたい場合は試合で獲得できるゲーム内通貨か課金によって永久アンロックが可能。

Vg05

練習モードの画面ですが、試合開始前のヒーロー選択画面はこんな感じ。
他の参加プレイヤーの選択したヒーローが見えるので、余裕があるならお互いの弱点をカバーできる選択がしたいですね。

Vg06

ここからは実際のゲーム画面。
スポーン地点では買い物ができるのと、体力が回復できます。
レベルが上がれば上がるほどリスポーンに時間を要するようになるので、押されぎみの時はここで
回復して死なないようにすることが重要だったりします。

Vg10

ショップ画面はこんな感じ。
ヒーローが持てるアイテムの枠は全部で6つ。
持っているだけでステータスが上昇するアイテムも、回復薬やトラップなどの消耗品も全て6つの枠に収める必要があります。

Vg07

アリーナ内には敵ミニオンの他に中立のMOBもいるので、序盤はこいつらを倒してレベル上げすることもできます。

Vg08

ミニオンの進攻ルートには強力なタレットが配置されています。
タレットはヒーローに対して特効を持っているようで、恐ろしいダメージを与えてくるのでタイマンではまず勝てません。
味方ミニオンとタイミングを合わせて攻撃し、タレットの攻撃は全部ミニオンに受けてもらう必要があります。

ちなみにヒーローはタレットを迂回して移動できますが、最終目的地の敵拠点にもタレットがいるので、道中のタレットを倒して味方ミニオンがたどり着けるようにしてあげないと拠点の破壊は不可能です。

Vg09

試合開始から一定時間経つと「ミニオン鉱山」の採掘がはじまります。
現れた中立のキャラを倒すと味方になり、ミニオンを強化する何かを採掘してくれます。
ちなみに一度味方にしても、敵ヒーローにキャラが倒されてしまうと敵側に寝返ってしまいます。

ミニオン鉱山の他にもゲームを左右する中立勢力があり、倒して味方にするとゴールドを採掘してくれる「金掘」や、倒して味方にすると敵拠点に向けて進攻するクリーチャー「クラーケン」があります。
特にクラーケンは高い攻撃力と体力でタレットをガンガン削ってくれるので、敵に奪われてしまうと一気に進撃されてしまいます。スポーンしたら味方と協力してすぐさま倒す必要があります。

Vg11

そしてここが敵の拠点。
右下のクリスタルのようなものを破壊できれば勝利です。
ここまで進攻する頃にはヒーローのレベルがかなり上がっているはず。
進攻されている側のヒーローは死なないようにしないと、リスポーン待機時間の間に敵に拠点を破壊されてしまいます。


本当は実際の試合のスクリーンショットを撮りたかったのですが、撮った時にゲームが処理落ちしたり、あんまり集中できなさそうでチームメイトに迷惑がかかると思ったので練習モードで我慢…。

タブレットやスマホのゲームは自分の嫌いなソシャゲなどが多いですが、これはかなり熱く対戦できる本物のゲームだと思います。

欠点を挙げるとすると試合時間が長いことでしょうか。
1回のプレイに20〜30分かかるので、じっくりと腰を据えてプレイする必要があります。
電車などでサクッとプレイするのには不向きです。(途中退室は味方に大打撃なので絶対ダメ!)

iOSでガチなゲームを探しているアナタ、いかがでしょう?

-ゲーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Steam OSをどう使う?

にゃんぱすー。 やましんです。 以前より密かに話題を呼んでいる(?)、Steam OS。 Steam Machineと呼ばれるゲーミングPCに搭載されて発売予定となっているこのLinuxベースの無料の …

作業ゲー「Viscera Cleanup Detail」を購入しました♪

こんばんみ。 ふと前々から気になっていた「Viscera Cleanup Detail」をやってみたくなってしまったので買ってしまいました。 つまらないゲームなのはわかっているが…たまにはこういうのも …

国産MOBA「LORD of VERMILION ARENA」のオープンβスタート!

こんばんみ。 先日6月4日から国産MOBAの最新作「LORD of VERMILION ARENA」のオープンβが公開されました。

またヘンなゲーム「I am Bread」を購入しました。

こんばんみ。 PCゲーム販売のプラットフォーム「steam」ではメジャータイトルが販売されているだけでなく、珍妙なインディーズゲームの販売も行っているわけですが…。 ここ最近の「Surgeon Sim …

日本向けBattle Field Hardlineが遂に解禁!

こんばんみ。 本日3月19日、ついに日本向けのBattle Field Hardlineが解禁されましたね…! もう1年ぐらいこの時を待っていたよ…。 0時に解禁だったので、本当は昨夜からプレイ可能だ …

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO