カメラ・撮影機材

開発中のスマホを使ったフィルムスキャンアプリ「FilmLab」が便利そう。

投稿日:

Filmlabrl

こんばんみ。

先日、フィルムカメラユーザーには嬉しいプロジェクトを発見しました。


オフィシャルのWEBページはこちら

動画を見てもらえばなんとなくどんなものかわかると思いますが、ネガフィルムの色を反転・補正してくれるスマートフォンアプリです。
普通に撮影したネガの写真を後から補正するのではなく、カメラ画面の時点でリアルタイムに補正するスグレモノなんです。

もちろんリアルタイムで補正されたものを見れるだけでなく、画像として保存することも可能な模様。
スマホのカメラで撮ったものなので、プリント目的に使うほどの解像度や画質は期待できませんが、サンプルを見る限りSNSなどに投稿する目的であれば十分なのではないかと思います。

最近ではお店で現像してもらった際、データ化した写真をスマホで受け取れるサービスも行われていますが、正直そこまで解像度が高いわけではないのでこの「FilmLab」が登場すればそれで済んでしまうかもしれませんね。

自分はお店でデータ化してもらわずにフラットベッドスキャナーを使ってネガフィルムをデジタル化していますが、そこそこの解像度でスキャンしようとすると36枚撮りのフィルム1本で約3時間程度の時間がかかります。
インデックスが貰えないお店で現像すると、時間のかかるスキャン作業が終わるまで撮れた写真をきちんと見ることができないわけですが、リアルタイムに補正して見せてくれるというのはサッと確認ができてなかなか便利そうです。

アプリはまだベータの段階で、正式な公開がいつになるのかはわかりませんが、フィルムカメラユーザーにとっては今後が気になるアプリですね。


余談

フィルムのスキャンで思いついたのですが、最近自分が欲しいと思っているα7RIIIのピクセルシフト撮影でフィルムをデュープしたらすごい画質でデータ化できるんじゃないかと。
近々SIGMAがARTシリーズのマクロレンズを出すと発表していたので、それと組み合わせればフィルムの画質をフルに活かしてデータ化できるんじゃないかと妄想しております。

問題はネガの色補正ですね…。取り込み後の画像を上手いこと簡単に処理してくれるソフトがあればいいんですが…。
でもFilmLabが好きな画像を取り込んで処理できる仕組みになれば、その案も現実的な物になるかも…?

-カメラ・撮影機材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「カメラマガジン」の発刊ペースが減って悲しい…。

こんばんみ。 以前からちょくちょく購入していた「カメラマガジン」ですが、最近書店で見ないな〜と思ったらリニューアルして発刊ペースが減っていたんですね…。

instax mini用フィルムが使えるハッセル用フィルムバックを発見。

こんばんみ。 Kickstarterにてハッセルでinstax miniのフィルムが使えるようになるアイテムも発見しました。

Canon EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STMと三渓園。

こんばんみ。 結構前になりますが、2月の関東に雪が降った翌日に三渓園へ新しく買ったレンズのテストに行ってきました。

2018年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。 今年もやましんギャラリーをよろしくお願いいたします。

TAMRONの新SPシリーズ単焦点レンズは9月29日発売予定!

こんばんみ。 9月2日にTAMRONよりSPシリーズの新ラインナップとして35mmと45mmの単焦点レンズが発表されていました。 発表当初は正確な発売時期や価格などの情報がまだわかりませんでしたが、徐 …

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO