カメラ・撮影機材

EOS 5D MarkIVが有償アップグレードでCanon Log対応へ。

投稿日:

5d42017upg01

こんばんみ。

先日からちょこちょこウワサになっていたEOS 5D MarkIVのCanon Log対応ですが、遂に国内でも詳細が正式に発表されました。


Canonの公式ページはこちら

ウワサ通り単純なファームウェアアップデートだけでの対応ではなく、キヤノンのサービスセンターに預けて改造してもらわないといけないようです。
ここ最近のカメラでメーカーで改造が必要なアップデートというのはなかなか珍しいですよね。

改造の依頼については以下の通りです。

サービスの概要

料金:10,000円(税別)

依頼方法:

1.サービスセンターへの持ち込み
キヤノンのサービスセンターに直接持ち込む方法。
料金は窓口にて現金かクレジットカードでの支払いで、遅い時間帯でなければ当日中に改造してもらえる模様。

2.らくらく修理便
電話かWEBからの申込みで配送業者に引き取ってもらう方法。
料金は引取時に現金での支払いで、改造には1週間〜10日程度かかるとのこと。


※ちなみに

写真しか撮らない人にとっては馴染みのない「Log」ですが、これは動画撮影の記録時にコントラストやシャープネスを抑えた状態で記録することで黒つぶれ・白トビを減らし、ポストプロダクション時に自由に編集できるようにしようというもの。

5d42017upg02

方法は違いますがrawに近い目的のもので、「Canon Log」とはキヤノン独自のLog形式です。

以前からEOSでの動画撮影を行っていた人には嬉しいアップグレードだと思いますが、自分のようにほとんどスチルしか撮らない人にはとっては、やったほうがいいのかなかなか悩みますね…。

ただ、この改造によって後々のファームウェアアップデートでさらに機能が追加されるのであればやったほうがいいのかも…?

受付開始は6月下旬からだそうなので、もう少し悩んでみようと思います。

-カメラ・撮影機材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分のフォトブックを売れる、PHOTOPRESSOの新サービス「オンザマーケット」

こんばんみ。 先日、Canonがオンラインフォトブック「PHOTOPRESSO」で新サービス「オンザマーケット」なるものを開始しました。 他にもフォトブック作成サービスは存在しますが、このオンザマーケ …

Super-Takumar 55mm F1.8を購入しました。

こんばんみ。 先日α7RIII用にオールドレンズを購入しました。

シネマグラフが作れる「Cinemagraph Pro」がセールに!

こんばんみ。 先日Androidの壁紙をシネマグラフのgifアニメにする~みたいな記事を書きましたが、その話題に関連するソフトが期間限定でセールになっているのでちょろんと紹介しておきましょう。

Peak Designのカメラバッグ「Everyday Messenger」を購入しました!

こんばんみ。 前々から買おうと思っていたPeak Designのカメラバッグ「Everyday Messenger」をついに購入しました。

instax mini用フィルムが使えるハッセル用フィルムバックを発見。

こんばんみ。 Kickstarterにてハッセルでinstax miniのフィルムが使えるようになるアイテムも発見しました。

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO