写真・カメラ

RF60x用にディフューザーを購入しました。

投稿日:

Fbenderbuy18 02

こんばんみ。

先日、Cactus RF60x用にディフューザーを購入しました。


ご存知の通りストロボは直接被写体に向けると影が強く出がちです。
天井や壁が近い場合はそこへ反射させると自然に光が広がってくれるんですが、必ずしも反射させるのにちょうど良い場所があるとは限りません。
そういう時に便利なのでストロボに付けるディフューザーなわけです。

Fbenderbuy18 01

今回購入したのはRogueというメーカーの「FlashBender2 ソフトボックス S」。

FlashBenderは自在に曲がる針金が入ったナイロン製のリフレクターのシリーズ。このリフレクターをストロボに装着することで光を広げたり、リフレクターを曲げれば逆に狭めたりできます。

以前から発売されているシリーズはリフレクターのみでしたが、今回購入の製品はリフレクターに付けるディフューザーが付属します。これを装着することで今まで以上に柔らかな光にすることができます。

Fbenderbuy18 02

実際にRF60xに装着するとこんな感じに。
リフレクターに反射させるので基本的にストロボのヘッドは上に向けて使います。

Fbenderbuy18 03

もちろんディフューザーを外して使うことも。
この状態だとやや硬質な光になります。

Fbenderbuy18 04

筒状に丸めることでスヌートとして使うことも。
スポットライトのように部分的に光を当てたい時に便利です。

Fbenderbuy18 05

さらにこんなオマケが付属。

Fbenderbuy18 06

中身はストロボに装着する用のカラーフィルターとゴムバンドでした。

Fbenderbuy18 07

電球色の照明の場所でストロボを使うと、光が当たる場所によって色が違ってちぐはぐになってしまいますが、これを装着してストロボの光を電球色に近づければ後の編集がラクになるわけですね。

最初これが付属していると知らなかったので別に買おうかと思っていたのですが、買わなくて良かった…(笑)


すっごく雑なテストですが、テーブルの上に置いてあるカメラを撮ってFlashBenderの効果を見てみました。

Fbenderbuy18 08

上の写真はストロボ直射。
ハッキリした影が出ているのがわかります。

Fbenderbuy18 09

こちらの写真はFlashBender2 ソフトボックス Sを使用。
直射の写真と比べると影の境目がわからなくなっていると思います。

光の柔らかさは光源の広さに左右されるので、ワンサイズ上のLではもっと自然に光になると思います。
今回はかさばらないSサイズがいいかなと思って購入しましたが、ストロボが増えたらLも買うかもしれません。

Amazonなどでディフューザーを探すと結構安いものも出てくるのですが、安っぽかったり脆そうだったりするので、やはり有名メーカーの物が良いかなと思ってこれをチョイスしました。
簡単に畳めてペチャンコになるのもバッグに入れやすくて便利なのでかなりオススメですよ。

ではでは。

-写真・カメラ

執筆者:

関連記事

2018年4月のアップデートで、Lightroomのプロファイル機能が使いやすく。

こんばんみ。 写真の現像ソフトとして最も人気の高いAdobeのLightroomですが、4月4日のアップデートでさらに使いやすくなりました。

Rolleiがインスタントフィルムを使った二眼レフカメラを発表。

こんばんみ。 Kickstarterにて、あのRolleiが新しい二眼レフカメラのプロジェクトを掲載しています。

雪のきゃまくら

こんばんみ。 一昨日は関東では久しぶりの大雪だったもんで。 雪の積もった鎌倉に昨日カメラを持って遊びに行ってきました。

自分で詰め替えられるレンズ付きフィルム「Lomography Simple Use」が登場。

こんばんみ。 先日トイカメラなどで有名なLomographyから、興味深〜いレンズ付きフィルムが登場しました。

EOS 5D MarkIV + SIGMA 50mm F1.4 DG HSMと共に江ノ島に行ってきました。

こんばんみ。 先週末は買ったばかりのEOS 5D MarkIVとSIGMA 50mm F1.4 DG HSMを携えて江ノ島にぶらっと写真を撮りに行ってきました。

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO