写真・カメラ

【写真大量】カメラと出かけた鬼怒川旅行。

投稿日:

DSC07629

こんばんみ。

11月中旬頃にぶらりと鬼怒川に行ってきました。


2泊3日のひとり旅だったのですが、目的はもちろん写真。
紅葉と川と廃墟のコラボレーションが撮れるかなと。

今回の記事はその時の写真をひたすら貼っていきます。

1日目

地元駅から北千住へ、そこからさらに特急に乗り計4時間近くかけてようやく鬼怒川温泉駅に到着しました。

チェックインの夕方まで時間があるので、駅のコインロッカーに邪魔な荷物を入れてさっそくぶらぶら開始。

FILM0054 0023

駅前で目についた「ミルクハウス」という看板。
牛乳石鹸のお店でしょうか。

FILM0054 0024

使われていない何かの会館っぽい建物。
犬の人形が寂しそうに来客を待っています。

FILM0054 0025

FILM0054 0026

ちょいちょい目につくレトロな建物たち。

FILM0054 0027

線路脇にあった何かの巨大なパイプ。
周りが紅葉とゴツい構造物の対比が目を引きますね。

FILM0054 0028

役所か何かだったらしい廃墟。
道路に面した側がほとんどガラス張りになっていて、なかなか開放的なデザインです。

ちなみにこのすぐ隣には消防署の廃墟もあります。
現役の消防署は駅付近にありますが、統廃合によってこっちは使わなくなってしまったのでしょうか。
行政の建物が放置されるって、都心ではなかなか無い光景ですよね。

FILM0054 0029

THE田舎といった様相のバス停。
これはフィルムですが、

DSC07271

デジタルだとこんな感じに。

DSC07257

ちなみにバス停の目の前にも廃墟があり、ガレージが全開になっていました。
なんの建物なんでしょうね?

DSC07278

鬼怒川を歩いているとところどころにあるレトロな消火栓も目に入ります。
雰囲気作りのためのレトロデザインではなく、本当に年季が入っているようですね。

DSC07282

DSC07283

有名な廃墟、鬼怒川観光ホテル東館です。

DSC07285

入り口の自動ドアはチェーンで施錠されていて入れません。
入ろうとしちゃダメですよ。

DSC07289

こんな大きなホテルでさえ潰れてしまうのだから無情なものです。

ちなみにこの手前はすぐ道路になっていて車が行き来しています。
ホテルの大きさに対して明らか駐車スペースが少ない気がするんですが、営業中は大丈夫だったんでしょうか。

DSC07291

目立つところに設けられた避難はしごと落書き。

DSC07305

看板は大部分が割れて剥がれ落ちています。

DSC07320

ホテルの裏側にも道路が続いています。
「ちや 」ってなんでしょう?

DSC07325

開けっ放しのガレージの奥にはゴミが押し込まれています。

DSC07327

DSC07323

ここのお向かいもまた廃墟。
ここは食堂だったようですね。

DSC07312

DSC07316

対岸に見える現役のホテル。
向こうの客室からはこっちの廃墟がよく見えるでしょう。夜はちょっと怖いですね(笑)

DSC07357

ホテルと食堂の廃墟のすぐ近くには足湯を楽しめる場所があります。

DSC07338

が、個人的に気になったのは足湯の建物の脇から川の近くに降りていける階段。
低い位置からダイナミックな谷を撮れるかな?っと思ったんですが、降りてみると結構位置的に景色は微妙ですね。

DSC07336

DSC07339

むしろ川の景色よりこういう細かいところがそそります。

DSC07365

川沿いに並ぶ現役のホテル。

DSC07366

DSC07376

DSC07386

奇妙なところに橋のようなものが残されています。
その左にも建物の土台のようなものがありますが、現役だった時はどういう建物だったのでしょうね。

DSC07390

あっ!と思ってとっさに撮った写真。
拡大してみると…

DSC07390 2

こんなところにニホンザルが。
普通に町中に歩いているものなんですね。

DSC07393

すごいディープな感じが出てます。

DSC07398

DSC07402

DSC07403

雨樋の脇に置かれた靴。
干そうとしたのかわかりませんが、ここは湿度高すぎなのでは。

DSC07406 2

ブティックのマネキン。
昭和レトロなでっかい照明が目を引きます。

DSC07414

年季の入った木造のお家とブロック。

DSC07423

これはホテルの前だったかな?
道路沿いに紅葉した木が並んでいて綺麗でした。

DSC07428

DSC07437

DSC07468

DSC07486

DSC07487

DSC07496

DSC07500

FILM0054 0032

FILM0054 0033

FILM0054 0036

FILM0054 0037

DSC07513

DSC07515

DSC07517

廃墟付近をさまよい歩いていると吊橋を発見。

DSC07518

吊橋からは川沿いに並んだホテル・旅館の廃墟と紅葉がダイナミックに見れます。

DSC07543

なんだか自然に還りつつあるようで神秘的です。

ちなみに吊橋なので、撮影中に人が通るとグワングワン揺れます。

DSC07553

DSC07573

DSC07554

DSC07576

70-200mmのレンズでクローズアップするとこんな感じ。

DSC07525

反対方向の景色もかなり綺麗です。

DSC07598

吊橋から通りに移動してさらに上流に向けて歩いているとこんな廃墟も発見。
病院か何かでしょうか?

DSC07600

DSC07604

警備中だそうです。

DSC07606

ポッカリと開いた地下へ続く道が非常に気になります。

DSC07608

さらに歩いていると見えてきたマンション?社宅?の廃墟。

DSC07613

DSC07615

ある程度上流に向けて歩くと大滝河川遊歩道という場所があり、川の近くまで降りることができます。

DSC07616

DSC07618

DSC07619

DSC07629

ちょっと空気が霞んでいるのが残念ですが、遠くに山々が見えてダイナミックですよね。

DSC07623

FILM0055 0002

FILM0055 0005

DSC07636

川沿いにずっと歩いていけるようになっているので、ぶらぶら写真を撮りながら歩くのも楽しいです。

ただこの辺はヒルがいるので要注意。実際自分も歩いている時に地面にいるヒルを発見しました。
湿った場所や落ち葉が多いところでぼんやり立っていると狙われる可能性があります。
(昔噛まれたことがありますけど、血が止まらなくて本当に面倒です)

DSC07638

DSC07640

DSC07648

DSC07657

途中で道路に戻れるようになっているので、そこから鬼怒川公園駅に向けて戻ります。

DSC07667

DSC07670

このあとは予約していたホテル大滝にチェックイン。

夕食はホテルではなくトラットリア・カミーノというイタリアンが食べれるレストランへ。
おじさん2人と可愛い女の子がいるゆる〜い感じだけどお洒落なお店(ゆるいのは平日夜だったから?)。
ペスカトーレの塩味がとっても美味しかったです。

2日目

2日目は鬼怒川温泉の上流にある龍王峡を目指します。

が、電車の時間が微妙なので、まずは廃墟付近をぶらついて時間調節。

DSC07736

「鬼怒川第一ホテル」の廃墟。
前日見た廃墟と同じく道路に面しています。

やっぱりこういう立地も倒産の原因では…?

DSC07740

ホテルの大きな看板は老朽化が進み一部が剥がれ落ちてしまいます。

DSC07727

入り口にはこんなシールが。
以前はJRが温泉や観光地で使える割引券を売っていたようですね。

DSC07729

入り口の割れた窓から覗くとこんな感じ。

DSC07732

中は綺麗で掃除すればまた使えそう。
でもそこまでして使いたい人はもういないんでしょうね…。

DSC07754

かっぱ風呂があるという「きぬ川館本店」。
前日に吊橋から見えたところですね。

DSC07748

DSC07713

DSC07721

「歓迎」と書かれていますが、正面入口にはトタンが貼られており、もう入れないようになっています。

DSC07756

それにしてもかっぱ風呂ってなんでしょう。
尻子玉抜かれないか心配です。

そういえば尻子玉ってなんでしょうね。
シリコンの玉ですかね、お尻に入れる。

DSC07762

DSC07765

ちなみにきぬ川館本店のさらに隣も廃墟。
こちらは割と新しいようで建物もまあまあ綺麗です。

電車の時間が近くなったのでこのへんで駅に向かい、龍王峡に移動しました。

龍王峡は川の流れによって火山岩が削られてできた渓谷だそうで、ちょうどこの季節に行くとダイナミックな紅葉と川と崖の景色が楽しめたりします。
道も歩きやすく整備されるので、軽いハイキングにいい場所ですね。

ただここもヒルの要注意スポットらしいです。噛まれたくないのでシャカシャカ素早く移動していました。

DSC07769

龍王峡駅からハイキングコースに入ると早速こんな橋が。

FILM0055 0007

DSC07777

ありがちですがスローシャッターに…(笑)

DSC07800

FILM0055 0011

DSC07781

DSC07787

DSC07797

DSC07806

FILM0055 0008

FILM0055 0010

FILM0055 0013

FILM0055 0014

DSC07808

DSC07812

こういうところ、下歩いたら絶対ヒルがついてきそうです。

DSC07813

DSC07823

葉が少ないところも結構あったので、少しピークから遅れてしまったようですね。
曇りだったのもちょっと残念でした。

DSC07829

DSC07832

DSC07834

FILM0055 0017

DSC07842

DSC07850

FILM0055 0019

DSC07845

龍王峡駅のホーム。
小川の上をまたがっていたり、木々が間近に迫っていたりと自然に溶け込んだ感じですね。

DSC07856

FILM0055 0018

FILM0055 0024

ホームから見るとこんな感じ。

FILM0055 0026

こっち向きに見るともみじが燃えるように赤いですね。

FILM0055 0022

ホームにもおみやげ屋があるようですが、平日はやっていないんでしょうか。シャッターが閉まっていました。
一応お土産などは駅前の食事処でも売ってたりします。そういえばそこでお昼に鮎の塩焼き定食も食べましたね。

FILM0055 0021

オマケみたいな感じですが、駅前の潰れたお店にこんなプレートが。
相当マニアックですが、昔ディスクカメラと言うフィルムカメラがありまして、ここではそのフィルムの取り扱いがあったようですね。
1枚のディスクで15コマ撮影できるようになっているのですが、35mmフィルムより画質が悪く現像代なども高いというイマイチなフォーマットです。
このプレートを見て「フィルム切らしちゃったんだよ助かった〜!」と買った人は果たしていたんでしょうか…?

龍王峡はこんな感じでした。

時間も余っていたのでここからさらに上流の湯西川温泉駅に移動。
五十里湖という細い湖があって景色が良さそうなのでついでだし見てみようかなと。

DSC07861

DSC07873

DSC07877

DSC07881

DSC07882

FILM0055 0030

FILM0055 0031

FILM0055 0032

紅葉した山々に湖が囲まれていてなかなか綺麗ですね。

ただこの辺は道路しか無いので本当に誰も歩いてません(笑)

DSC07887

DSC07898

FILM0055 0034

FILM0055 0035

FILM0055 0036

湯西川温泉駅付近を見終わった後はまたぶらぶら撮り歩きながらホテルへ向かいます。

FILM0055 0038

FILM0056 0002

FILM0056 0005

FILM0056 0006

FILM0056 0007

FILM0056 0008

鬼怒川公園にも寄り道。
ここもなかなか紅葉が綺麗です。

FILM0056 0009

木に取り込まれつつあるベンチ。
ちなみにこの公園もヒルの出現スポットらしいです。

FILM0056 0011

FILM0056 0012

FILM0056 0013

FILM0056 0014

FILM0056 0015

せっかくなのでもう一度廃墟付近に言ってフィルムカメラでも撮っておきました。

FILM0056 0016

FILM0056 0018

FILM0056 0019

FILM0056 0021

FILM0056 0023

FILM0056 0024

FILM0056 0025

FILM0056 0026

FILM0056 0027

FILM0056 0028

この写真、湿度が感じられてちょっと好きです。

FILM0056 0029

現役のビルの裏にひっそりと佇む社宅か何かの廃墟。

FILM0056 0030

1日目に見つけたレトロなお家、もう一度前を通ったらピカピカの車が止めてありました。
このギャップ、フィルムで撮るといい感じです。

FILM0056 0032

夕食はまたトラットリア・カミーノへ。ペスカトーレがやはり美味しい。

3日目

3日目はいよいよ地元に帰る日ですが、せっかくなので日光へ寄り道して帰りました。

FILM0056 0038

東照宮はさすがにありがちかなと思い、史跡探勝路を歩いてみました。

DSC07909

FILM0056 0037

FILM0056 0039

DSC07913

DSC07915

DSC07918

ちょろちょろと小川が流れていて涼しげです。

DSC07920

FILM0056 0036

DSC07924

DSC07926

DSC07929

DSC07936

DSC07938

DSC07943

平日で人の少ない林の中の道を歩きます。

DSC07948

歩きます。

DSC07954

歩きます…。

この石畳、石がボコボコしているので結構歩きにくい(笑)
すぐ近くに車道があるので帰りはそちらをそそくさと歩きました。ただ車道は大きなトラックが結構通るので要注意ですね。

DSC07959

終点あたりには白糸の滝と呼ばれる比較的小ぶりな滝がありました。

ここで折り返して食事をしたあと東武日光駅に戻り、特急に乗って夕方過ぎ頃には地元に戻りました。

ガラガラの鬼怒川から神奈川に戻ると、人の多さや遅い時間まで営業しているお店になんだか安心感を抱きますね。


今回持っていったカメラはα7RIIIとSIGMAの24-70mm F2.8とSONY 70-200mm F4、それからフィルムカメラのBESSA R2MとJupiter-8 50mm F2です。
α7RIIIとBESSAで使い回せるようなもっと明るくて画質の良いレンズ(コシナのZMとか)も買ったほうがいいかな?と悩んだのですが、これで十分だったかもしれません。

泊まりでの旅行は約1年ぶりでした。
前回と違い今回は一人旅でしたが、自由にぶらぶらできるのもなかなか面白かったです。

今回は運悪く曇りだったのと、ちょっとだけ時期が遅くて紅葉のピークを過ぎてしまったのが残念。また鬼怒川に行くなら一番ベストな時期に行きたいところです。

さて、来年はどこに行きましょうかね?

ではでは。

-写真・カメラ

執筆者:

関連記事

NikonのD850とES-2を使ったフィルムスキャンが気になる。

こんばんみ。 先日Nikonが新しいフルサイズ一眼レフ「D850」を発表しました。

EOS 5D MarkIVが有償アップグレードでCanon Log対応へ。

こんばんみ。 先日からちょこちょこウワサになっていたEOS 5D MarkIVのCanon Log対応ですが、遂に国内でも詳細が正式に発表されました。

FEレンズのソフトウェアアップデートをやってみた。

こんばんみ。 今年の3月上旬頃に公開されていたSONYのレンズのソフトウェアアップデート(Ver.02)ですが、今まで存在に気がついていなかったので今更ですが更新してみました。

自分で詰め替えられるレンズ付きフィルム「Lomography Simple Use」が登場。

こんばんみ。 先日トイカメラなどで有名なLomographyから、興味深〜いレンズ付きフィルムが登場しました。

SONYが現行フルサイズミラーレス一眼への大規模なアップグレードを発表!

こんばんみ。 SONYがフルサイズミラーレス一眼の現行モデル3機種への大規模なソフトウェアアップグレードを発表しました。

広告

やましん
・神奈川在住
・音楽好き
・洋ゲー好き
・写真勉強中

WEB通販関係の仕事をしながら写真やデザインの勉強中です。
α7RIII・CONTAX G2・BESSA R2Mなどのカメラを愛用しています。
忙しくてやっていませんがPCの洋ゲーも好き。

コンタクトはこちらからどうぞ。
- SNS -
 Twitter
- PHOTO -
 Flickr
 GANREF
 PHOTOHITO